初診時の処方制限について - WeMeet 今すぐLINEで診療予約 1分で完了
更新日

初診時の処方制限について

初診時の処方制限について

どのような種類が処方できますか?

オンライン診療では初診時の処方に制限が設けられています。特に、麻薬および向精神薬については、初診時に処方することができません(以下参照)。上記以外の精神科関連の医薬品については、初診時に処方可能とされています。

初診時に処方できない医薬品の種類

第一種

・アイオナールNa注
・リタリン/コンサータ
・モディオダール

第二種

・イソミタール
・レベタン注.坐剤/ノルスパンテープ
・サイレース錠.注
・ソセゴン錠.注
・ラボナ

第三種

・ソラナックス/コンスタン
・ユーロジン
・デパス
・セレナール
・ドラール
・セパゾン
・リーゼ
・ランドセン/リボトリール
・マイスタン
・メンドン
・バランス/コントール
・ホリゾン/セルシン
・ダイアップ坐剤
・アモバン/アモバンテス
・マイスリー
・ハルシオン
・ベンザリン/ネルボン
・バルビタール
・ソメリン
・フェノバール
・ノーベルバール注/ルピアール坐剤/ワコビタール坐剤
・アストモリジン/トランコロンP/ベゲタミンA B
・ヒダントールDEF/複合アレビアチン
・エリスパン ダルメート
・レンドルミン
・レキソタン
・セニラン坐剤
・ベタナミン
・サノレックス
・ドルミカム/ミダフレッサ注
・レスミット
・アネレム注
・メイラックス
・ワイパックス/ロラピタ注
・エバミール/ロラメット

どれくらいの期間は処方できるのか?

初診時は、どの種類の医薬品も最大7日分しか処方できません。しかし、再診以降では、通常の診療通りに処方することが可能です。

ほかで通院しているが、今回だけ処方してもらえるか?

通常の診療と同じように、ご希望の処方が出せるかどうかは、診察する医師の判断によります。なお、オンライン診療では処方の種類および日数に制限がありますので、ご留意ください。

こちらに転院したいが、これまでと同じ処方はもらえるか?

オンライン診療では処方制限があるため、ご希望の種類を初診時に処方できない可能性があります。しかし、再診以降であれば、処方できる可能性がありますので、診察のうえ医師にご相談ください。

初めて精神科にかかるが、必ず薬を服薬しなければいけないか?

必ずしも服薬する必要はありません。もし医薬品に抵抗があれば漢方を試したり、カウンセリングのみを受けることも可能です。

再診時は?

再診時は、通常の診察と同じように処方することができます。ただし、向精神薬については、通常の診療と同じように、投薬日数の制限があります。

お問い合わせ

精神科・心療内科・メンタルサービスの利用に慣れている人は多くありません。
分からないことだらけで当然なので、ご不安な方はLINEアプリ内の「よくある質問」よりカスタマーサポートにお気軽にご相談ください。

お問い合わせ